〈偏読書評〉はじめに。

2008年から、つまりは8年近く、某ハイ・ファッション誌にて毎月3冊の新刊を紹介する欄の原稿を書いている。1ページの1/3くらいのスペースで3冊を紹介するフォーマットなので、1作品ごとに「見出し20文字前後」「本文120文字」と、合計してもTwitterの1投稿分くらいの文字量しかない。

自分は頭も要領も悪いので、1ツイート程度の紹介文だというのに、あらすじやリリース資料を読むだけでは原稿が書けない(脳に欠陥があるのかもしれない)。そんなこともあり、各作品を読んでから原稿を書いている。

しかし読むと作品への愛着が自然とわいてくるもので、たくさん出てきた伝えたいことを削りに削って1ツイート程度の文字量にまとめている。そんなことを8年近く続けていたせいか、“文字数を気にせずに、好きな作品を(文芸、マンガ問わず)紹介できないものか?”という欲求をおさえられなくなってしまった。

 
続きを読む >>
1